交告商店|会社沿革

昭和53年5月 鋼鉄協、東京神田で個人営業開始
昭和55年9月 株式会社交告商店に改組
昭和59年11月 営業所を浦安に移転
鋼板切断開始
昭和63年12月 千葉工場開設
溶接加工に進出
平成4年12月 浦安新工場新設移転 (千葉工場統合)
縞鋼板の切断加工およびベンダー加工へ進出
特殊鋼板の定尺の販売と加工販売開始
平成10年1月 建築用鋼板(SN材)の切断販売開始
平成22年11月 橋梁用規格(SM490YA,B)切断販売開始
平成22年12月 纐纈元、代表取締役に就任


交告商店|創業者経歴

昭和33年3月 岐阜県立八百津高校卒業と同時に上京。
直ちに鋼板の専門会社の株式会社角彦へ入社。直ちに営業担当となる。
昭和46年 角彦新本社ビル竣工と同時に営業部長に就任。
昭和53年 株式会社角彦円満退社致し、5月より個人営業開始。
昭和55年9月 株式会社の設立と同時に代表取締役に就任。
平成7年4月 江戸川鐵栄会会長に就任。
平成13年 全国厚板シャリング工業組合監事就任。
平成23年12月 代表者退任。
現在に至る。

このページのTOPへ